プログラマは無限の可能性を考える仕事人

プログラマのプログラムを制作するときの考え方は、一度プログラムを書いたことのある人でさえなかなか理解しがたいこともあります。
プログラムとはコンピューターに対する指示書であり、平たく言ってしまえば何らかのインプットをしたときに適切な処理をしてアウトプットしてもらうための指示書ということもできるでしょう。
その指示書の書き方と考えると少し理解がしやすいかもしれません。

同じインプットから同じアウトプットを出すプログラムであっても、そのコーディングは異なるものを無数に考えることができます。
指示書にしてもそうであり、紙を渡されたら1回裏返せという指示と、3回裏返せという指示は最終的には同じことになります。
しかし、3回裏返すとそれだけ時間がかかり、労力もかかることになります。
したがって、効率化を図るなら1回裏返せという指示書を書くでしょう。これが基本的なプログラマの考え方です。

実際は、もっと複雑な指示のネットワークをプログラムの中に論理的に組み込んでいくことになり、それらがうまくつながり合うように考えて行かなければなりません。
しかし、概して目指すところは、その最も効率的なコーディングを導き出すということであり、それによってコンピューターへの負担を軽減し、最速でインプットからアウトプットを得られるようになるのです。
これ以上のものはないと結論づけることもまた難しく、理想を求めると無限の可能性を考えなければならないのがプログラマの考え方の中にはあるのです。

こうしてスキルを強くしていくことがフリーランスになった際に、顧客サービスとして受け入れられていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です